簿記の資格を取ると、どう有利?(就職編)

もちろん履歴書に記載できる資格です。資格の欄に何か書けるのと、書けないのでは大きな差があります。よく、履歴書の書き方に「出来れば2級から書きましょう」とありますが、書かないのと、簿記検定3級と書けるのとでは面接官への印象は大きな違いがあります。

就職を有利に進めるために簿記の資格を取得するということなら、最低でも3級を取ることをオススメします。その上で2級を取るかどうかを考えたほうが良いと思います。時間がないのに無理をして2級を受けたは良いが、取れなかったでは話しになりません。それなら最初から「書ける資格を取る」。これに集中したほうが良いと思います。

最近は会計知識のある人材を求める企業も増えてきました。各企業とも、平成の不況を乗り越えてくるには並々なるぬ努力があったハズです。
そんな中で重要視された事の一つが、一人一人のコスト意識です。どんなことにお金がかかり、どんな事なら経費を節約できるか?
コストを意識できる人材が、管理職にかぎらず、営業や事務にも求め始められているのでしょう。

簿記の資格があるということは、少なからず「お金の動き」に関する知識があるということです。簿記の資格を持っているのと持っていないのでは、企業に与える印象は大きく違ってきます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録