簿記って何?

簿記と聞くだけで難しそうだと思う方も多いでしょう。何が出来るようになるのか分からないと思う方もいるかもしれません。
そんな方の為に、まずは、どんな技術が手に入り、どんな事が出来るようになるのかをお話ししていこうと思います。

おおまかにですが、簿記を理解すると2つの技術が手に入ると言われています。
@帳簿を正しく記入する
A帳簿の数字を読み取れる

この2つの技術が身に付くことにより、決算書や財務書類(貸借対照表、損益計算書など)を作成することが出来るようになります。

それを企業間の取引に利用したり、自分の会社の経営状況を見直すために使ったりと、経営や取引に欠かせないものの一つが簿記だと言えます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録